ブログ

 

ブログ(日々のあれこれ)

ホンジュラス紹介パネル 2016.09.04

9月10日・11日の Saitama Smile Women フェスタ 2016 に向けて、ホンジュラスを紹介するパネルを作ってみました。

ホンジュラス紹介パネル4

ホンジュラスの国土は日本の約3分の1ですが、人口は約800万人と約15分の1です。

太平洋とカリブ海の両方に面し、内陸にはコーヒー生産に適した高原地帯が広がり、

人口密度からもわかるように、自然豊かで温暖な非常に過ごしやすいところです。

首都テグシガルパは標高1000mの高原地帯にある盆地で、山の中腹にあった我が家からの景色は素晴らしいものでした。

 

ホンジュラスの魅力は何といってもマヤ文明の名残り、世界遺産であるコパン遺跡でしょう。

このコパン遺跡の復元には日本の経済援助が一役をかっています。

そしてカリブ海に浮かぶ島々の美しさも、ホンジュラスのもう一つの魅力です。

ロアタン島、ウティラ島、グアナハ島・・・

ダイビングスポットとしてとても有名なところもあり、

治安面がもう少し改善され、日本の観光客がたくさん訪れる場所になればいいのですが・・・

 

食べ物は総じてどれも日本人好みの食べやすいものです。

主食はうもろこしの粉で作ったトルティージャ、もしくは米です。

そして中南米の国々で欠かせないのが、豆を煮たフリホーレス。

見た目は日本の粒あんやこしあんですが、甘くなく塩味で、トルティージャや米と一緒に食べます。

私は、このフリホーレスとチーズを温めて溶かしたものを、チップスにつけて食べるアナフレが大好きでした。

そして、新鮮な魚の丸揚げはやはり美味しかったです。

 

ホンジュラスの産業はやはりコーヒー、バナナの生産です。

経済発展が遅れ、インフラ整備が整わなかったことから、近隣国に先を越された感の否めないコーヒー生産も、

生産者の真面目な努力により、今では素晴らしく美味しいコーヒーを生産しています。

まだ大量に出回ってはいないという意味では、注目株だと思います。